|

静岡県人権啓発センター

文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青
黄
黒

音声読み上げ

お問い合わせ

サイトマップ

ホーム > 様々な人権問題 > 人権一般

人権一般

人権とは

 私たちは、かけがえのない存在です。そして、だれもが、人間らしく、幸せに暮らす権利、「人権」を持っています。
 私たちが生活する中で、自由な意思に基づき、行動できるのも人権があるからです。ただし、利己的に好き勝手に行動できるというわけでなく、自由な意思で行ったことについては、責任をとらなければなりません。
  「人権」は、お互いに認め合い、権利や自由を尊重し合うことによって成り立っているのです。

 しかしながら、偏見や差別、あるいは暴力などによって、現実には人権が侵害されています。
  次項以下のように、女性、子ども、高齢者、障害のある人をめぐる人権問題、同和問題など、依然として多くの人権問題があります。

 こうした様々な人権問題が解消され、誰もが幸せに暮らせる社会を実現していくためには、一人ひとりが人権尊重の理念について、正しく理解していくことが必要です。

 平成12年(2000年)に施行された「人権教育及び人権啓発の推進に関する法律」の第6条において、次にように規定されています。

(国民の責務)
第6条 国民は、人権尊重の精神の涵養に努めるとともに、人権が尊重される社会の実  現に寄与するよう努めなければならない。

 学識経験者で構成される「静岡県人権会議」が平成16年12月15日に発表した「ふじのくに人権宣言」では、具体的な取組として以下の点を掲げています。
  皆さんも身近なところから取組をはじめてみませんか。

ふじのくに人権宣言(抜粋)

1 自分の人権はもちろん、他人の人権をも敏感に感じる心を養います。
2 日ごろから人権問題に関心を持ち、自分自身の問題として考え、行動します。
3 家庭や地域社会、職場などで、人権問題について話し合う機会を作ります。
4 個性の多様性を受け入れ、異なる個性と共存していくという意識を持ちます。

 前のページへ戻る  このページのトップへ