|

静岡県人権啓発センター

文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青
黄
黒

音声読み上げ

お問い合わせ

サイトマップ

ホーム > お知らせ > 人権問題啓発指導者養成講座

人権問題啓発指導者養成講座

人権問題啓発指導者養成講座(基礎コース)を実施しました。

  人権・同和問題に対して正しい理解と認識を深めることにより、地域・職場におけるリーダーとなる人材を養成することを目的として、7月18日(火)と19日(水)の2日間、県庁を会場として人権問題啓発指導者養成講座(基礎コース)を開催しました。当日は130人あまりの方が参加して、4人の講師による講演を聴講していただき、最後にグループ・ディスカッションにより、現状の問題点を討論していただきました。

開催日
時   間
内   容
講 師 ・ 講 演 内 容 等
7月18日

10:20〜11:50

講演

角替弘志(静岡県人権啓発センター長)

『家庭・家族・家事』

(火) 13:15〜15:00 講演

山川 忠洋(社会福祉法人富士旭出学園理事長)

『暮らしの中の人権を考える』

7月19日 10:20〜11:50 基礎講演

桂 功 (人権啓発センター人権啓発指導員)

「いろいろな人権問題」

〜子どもの視線と、大人の視線について考える〜

(水) 13:15〜14:45 基礎講演

臼田恭子(人権啓発センター人権啓発指導員)

「人権がまもられた社会をめざして」

  15:00〜16:00

グループディスカッション

ワークショップ

「子どもは大人のパートナーといえるか」

 今回は基礎コースということで、人権問題の全体概要を知っていただくための基礎知識を中心とした内容としました。

続いて7月31日に人権問題啓発指導者養成講座(実践コース)を開催しました。

 この催事は毎年実施しております。今回参加できなかった方で興味のある方は、来年度以降、ぜひ受講してみてください。

 前のページへ戻る  このページのトップへ